最近の記事

2008年09月16日

9-16-2008

サブプライム住宅ローン問題の影響で巨額赤字を計上し、経営危機に陥っているアメリカ証券大手の「リーマン・ブラザーズ」の救済策が難航し、破産法の適用申請の動きも ...
FNN
リーマンをめぐっては先週、株価が急落し、経営危機に陥ったため、FRB(アメリカ政府連邦準備制度理事会)が救済策を模索していた。 アメリカ銀行大手の「バンク・オブ・アメリカ」やイギリス銀行大手の「バークレイズ」が公的支援を前提に買収を検討したが、アメリカ財務省 ...


スイスUBS、評価損で50億ドルの追加損失か
AFPBB News
また、評価損のうち、米サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)関連の損失が10億ドル(約1060億円)に上るほか、サブプライムローンとプライムローンとの中間にあたるAlt-Aローン(与信力が高いものの、所得や資産の内容に若干問題がある個人向け住宅融資) ...


東洋経済オンライン
サブプライムの震源・米住宅金融公社救済策の効果と限界
東洋経済オンライン
ポールソン・米財務長官が7日日曜日の午前11時(日本時間8日0時)に、住宅金融公社であるファニーメイとフレディマックの政府支援法人(GSE)2社の救済を発表したが、その金融市場全体に対する効果は1日しかもたなかった。 株価は、8日発表直後に取引を開始した日本では ...
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111847938

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。